丹波の恵み
  1. TOP
  2. 丹波の恵み
  3. 丹波大納言小豆

国産 丹波大納言小豆

丹波大納言小豆は古くから厄除けや、祝い事の席などで供された由緒ある農産物です。大納言は殿中で抜刀しても切腹しないですむと、煮ても腹の割れないこの小豆を「大納言小豆」と名付けられたと云われています。北海道の大納言小豆が寒さの中で育つ為に豆の皮が厚いのに対し、丹波大納言小豆は豆の皮が薄く、大粒で光沢が美しく、風味が豊かで、煮詰めても形が崩れないのが特長です。また糖分を多く含んでおり、長期の保存にも耐えることができます。

室町時代から盛んになり、千利休により大成された「茶の湯」と共に京菓子業界などの和菓子の原料として重宝され、実需者の評価も高く、和食や茶道をはじめとする京都の伝統文化を支える上でも、重要な食材に位置づけられてきました。その生産量は北海道の小豆と比べ、わずか1%程度しかありません。大量生産が困難な最高級ブランド【丹波の赤】の異名も持つ丹波大納言小豆、幻の逸品です。

※丹波大納言小豆の生産量は非常に少なく希少な農産物です。天候不順などの影響を受け易く、また生産者の高齢化などにより年々収穫量は減少しておりますが、弊社は地元の農家さんなどと強いつながりを持つことで、年間を通して安定供給をさせて頂いております。今後も地元の生産者の皆様と協力しながら、全国へ丹波大納言小豆を広めたいと思っています。

国産 丹波大納言を使用した商品